28才の怠け者バックパッカー!

20代、30代の男の旅行者向けに。

フエサイ(ラオス)へgo!

せっかくラオスと国境の町にいるので、ラオスを観光しました!


国境の第4友好橋まで、チェンコーン中心からバイクで10分程度。


そして、橋をバス(25バーツ)で渡りラオス側に到着。

陸路の国境越えは3回目。

感動はあまりない。

入国手続きはスムーズで嬉しい。


国境の橋からトゥクトゥク(100バーツ)でフエサイへ。地元の夫婦らしき人も100バーツずつ払っていたのでこれが相場なんでしょう。

アスファルトの道路だけど、でこぼこで揺れる。


フエサイに到着して、地元の定食屋で昼飯。


大きめのヌードル(80バーツ)は少し大味だけど美味しい。タイと比べるとやっぱりタイの方が美味しいと思う。



町内を観光。



寺院もついでに。



対岸はタイのチェンコーン。

直線距離はめっちゃ近いのに、国境の橋までが遠い。



そして、やることがなくなった。



タイとの大きな違いはない。

タイの方が全体的に小綺麗。

フエサイは車の台数こそ少ないものの、走っている車の多くが新しく綺麗。

最近、自家用車が普及したのだろうか。


中学生くらいもバイクで登下校しているようだ。


カフェで時間を潰す。



欧米人向けの飲食店もちらほら。

ラオスの古都(ルアンパバーン)を目指す人が多いのかな。


そして同じルートでタイに帰る。

この町だけだとあえて行かなくても良いかなと思います。

全てバーツで支払い可能でした。