28才の怠け者バックパッカー!

8ヶ月の世界一周がおわり、特に書き残したいことを書いていきます。主に20代・30代の男性読書向け。ハイペースでブログ更新していきます!

No.1 コルカタの風俗街で、10人以上に襲われる (後編)

前編では、

コルカタにある世界最恐の風俗街

「ソナガチ」を見学したお話をしました。


お話は続きます。


さて、

風俗ビルから出ると、いきなり後ろから腕をつかまれました。

しかも二人から。


取っ捕まえようとする強さだったので、恐怖を感じ必死に払いのけました。

幸い僕を捕まえようとしたのが、

二人のストリートチルドレンでしたので払いのけることができたのです。


振り返ると、非常に興奮した10人くらいの男達が襲ってくるではありませんか。


全力で逃げました。


しばらく離れて後ろを振り替えると、

友達二人は大人達に囲まれ首を閉められています。


興奮した10人くらいに完全捕まっているのです。


仲間が捕まったとはいえ、

まずは自分の安全確保が大事です。


さらに、全力で逃げました。


振り替えると

サングラスをしている友人が、インド人に首をロックされています。

その捕まっている友人とサングラス超しに目があった気がしました。


その光景はしばらく目に焼き付くことになります。



安全地帯まで逃げきりました。

どうしよう?

どうすればいいのか?


とりあえず、現場に戻り、可能なら救出しなければなりません。

もちろん、それが可能であるなら。


すぐにタクシーを捕まえ、

「友達がトラブルにあった。500円払うから15分貸し切りたい」というと、運転手は了解してくれました。


恐怖を感じながらも、現場に戻ったら既に騒ぎは収まっていました。

周囲をしばらく走って仲間の消息を確認しましたが、見つからなかったので撤収することに。


もしかしたら、捕まって監禁されているかもしれないなと思いました。


タクシーの中とはいえ、現場に戻ると恐怖がよみがえり、頭を低くしながら、外を確認します。

もし、まだ襲った奴らがいて騒ぎ出したらどうしようかと不安は募ります。


すぐに急発進できるように、

運転手には

「ゆっくり走って」

「早く走って」と

常に指示を出していました。


現場から撤収して宿に帰る途中、今後の対策を検討しました。


翌日に戻ってこなければ、

日本総領事館に連絡しなければいけないな、などと思います。

宿のスタッフにも伝えなきゃならないな。



また状況を考えると、

殴られたり金は取られることはあってもさすがに、命は大丈夫だろうとも思いました。



そうこうするうちに宿に着きました。



なんと



仲間は二人とも先に帰っている笑



安心しました。

そして、逆に僕が心配されていました。


しかも、彼らは金を取られていないそうです。

インド人に首をロックされましたが、汗だくだったので、手が滑った隙に逃げたらしいです。


何はともあれ、良かった。


ちなみに、襲われた理由は、仲間の1人がカメラで路上を撮影していたとインド人に思われたからです。

興奮している連中は、

「フォト・フォト」と言いながら怒っていたからです。


やはり、危ない場所は遊び半分で訪れてはいけないなと、教訓を残す旅になりました。



また、現地の人の心情を察すれば、

客としてお金を落とすなら歓迎するでしょうが、見学目的で外国人が来て、写真を取れば怒るのは当然でしょう。

彼らは、代々風俗をせざるを得ない状況に置かれており、逃げ場がありません。

しかも、地元のインド人からも差別されている。


「旅人としてなんでもみてやろう」

という気持ちと、

「地元の人の心情や葛藤に対する理解」

とのバランスを取らなければいけないと痛感しました。



(コルカタのレストランで、バターチキンカレー)