28才の怠け者バックパッカー!

20代、30代の男の旅行者向けに。Twitter https://twitter.com/kazuogayuku

すごく幸せな気分♪

チェンセーンに戻り4日目。

晩飯は野菜たっぷりワンタンスープを食す。

(40バーツ:136円)


アホなタイトルだが

俺は今、すごく幸せな気分♪だ。

夜10時になると大方の店は閉まり、小さな町は寝静まったようになる。


夜、静かになるこの町が好きだ。

そして、川沿いを歩きふと幸せを感じる。

贅沢な時間、心地よい風、そしてこの瞬間に念願のバックパッカーをしていることに。


普段はノーストレスだが特に幸せを実感しているわけではない。

楽しいことは多かった。

ゴーゴーバーで酒を飲んでいるとき。

シェムリアップで宿の女子大生たちとゲイバーに行ったとき。

いずれも、盛り上がりハイな気分になった。


しかし、幸せを感じたのは

もっと日常の中の小さな瞬間だった。

田舎道の移動や、お気に入りのお店で心地よい時間を過ごしたとき。

やはりこう思うのだ。

今、この年齢、この瞬間、この場所でしか、感じられないものを大事にしていきたいと。




ちなみにお気に入りのお店はこちら。

チェンセーンから10キロ程度の場所にある。

チェンセーンでプチ沈没をすることになった要因。

この店で昼飯を食べて、

読書(Kindleアプリ)と昼寝をする。

そよ風がとても気持ちいい。